日本ルブ・システム株式会社

ベルトコンベヤーの搬送物の落下による諸問題にお困りの皆様へ

今現在、各業種によって、石炭、石灰、コンクリート原料、製鋼原料、骨材、
残土ガラ、工業用塩、穀物、硝子カレット、ピッチコークス、鋳砂、飼料、
肥料等々の搬送の多くはベルトコンベヤーによって搬送されています。

ベルトコンベヤーのベルトには、搬送物を搬送すると同時に、その搬送物が徐々に付着します。

その付着物を取り除く為にコンベヤーには、一般的にベルトクリーナー(スクレーパー)と
呼ばれる装が使用されております。
ベルトにこびり付いた付着物は、クリーナーにより掻き落とされ、次のラインに搬送されます。
しかし、一般的にその実状は、日が経つにつれいろいろな諸問題を引き起こしています。

1.ベルトクリーナーチップの早期消耗
2.クリーナーの磨耗から生じる落鉱物の増加
3.付着物の増加により大量に落下した搬送物処理の為の、労力と清掃コスト
4.変則的なクリーナーの磨耗により、ベルトの蛇行やベルト自体への多大な影響と、
 如いてはベルトの修理コスト
5.最終的には、ベルトクリーナー交換による高額なコスト
6.落下物処理が水洗による作業であれば、その工業用水量や廃水処理の莫大なコスト

以上のように、従来、各社ベルト表面に付着した搬送物を取り除く作業に於きましては、
ベルトクリーナーでの掻き取りを日々行っておられると思います。
しかしながら、その多くのクリーナーの先端チップは、
ベルトとの摩擦や、搬送物との摩擦等によって早期で磨耗し、
表面への当たりが悪くなり、よって付着物が完全に掻き取れず、再搬送されたり、
落下を繰り返しているのが現状ではないでしょうか。
 
そこで考案されたシステムが、「ベルクリンシステム」です。

ベルクリンシステムは、こびり付いた付着物をどう除去するかではなく、原点に戻り、
つまり搬送物がベルトに付着しにくいようにするには、との考え方から生まれたシステムです。

このシステムは、ベルトクリーナーとの相乗効果を目的とし、
その効果を最大限引き出し、今までお困りであった諸問題に対しての
対策コストの大幅な削減に力を発揮してくれるものと考えます。







.