日本ルブ・システム株式会社

チェーン自動給油装置

LZ21型自動給油装置

LR21型自動給油装置




このような問題でお困りではありませんか?

・油が垂れて製品へ付着してしまう
・潤滑油の使用量を少なくしたい
・操業中に潤滑するのが困難である
・チェーンの寿命を延長したい
・チェーンにゴミが付着するのを防ぎたい

自動給油装置で一挙解決

操業運転中の大型コンベヤーチェーンのピン、ブッシュ、ローラーなど潤滑を
必要とする部位だけに、定量のオイルを正確に供給する装置です。
この装置は、コンベヤーの運転速度に追従して粒状のオイルをチェーンの給油ポイントに
正確に供給します。給油ポイント毎に点給油を行うことでリングプレート、
ローラー表面等潤滑の不必要な箇所をオイルで汚すことなく、
またミストやスプレー給油のようにコンベヤーの周囲を汚すことなく
常に清浄で完全な給油を可能にします。

自動給油機置はこのようなところでお役に立ちます。

この給油システムは運転中に、コンベヤーチェーンの潤滑を必要箇所に
正確かつ確実に給油します。

・搬送物にチェーンオイルが付着することを極端に嫌う製紙工場のパルプ/
 古紙投入コンベヤー、製品搬出コンベヤー
・給油すると不必要な箇所に付着する潤滑油によって粉塵が付着して障害を起こす、
 粉体搬送/焼却灰搬出コンベヤー
・自動車、農機具などの組み立てラインのようにチェーンが床下のピットにあって
 給油作業が困難なコンベヤー
・チェーンがケーシングに入っていて、給油作業が困難なコンベヤー
・高温のコイル、鋳物など操業中には作業者が近づくことができないものを搬送するコンベヤー
・粉塵、悪臭など悪環境場所に設置されているコンベヤー
 などほとんどのチェーンコンベヤーに装着することができ、
 コンベヤーのチェーン、ローラー、レールの磨耗を防ぐと同時に、
 コンベヤーの駆動電力の低減を可能にします。

●LZ21型自動給油装置概略
 LZ21給油装置は、給油の必要な部位にだけ、極少量(0.03cc/1口)の潤滑油を
 供給します。一度に多くの潤滑油を供給するとたれ落ちの原因になるからです。
 1滴は約0.03ccです。1滴では少ないと思われる方もあるかと思いますが、
 1滴という量は、もし垂れ下がっても落下しない量なので、これにこだわりました。
 量的に不足とお考えの場合には、適量に達するまでコンベヤーを周回させて
 給油していただきます。

<b>●LR21型自動給油装置概略</b>
●LR21型自動給油装置概略

<b>略図</b>
略図

右図は基本的な略図です。この図に沿ってこの給油システムの流れを説明します。
エアースイッチ①が入り、エアーリミットスイッチ②が、
コンベヤーチェーン駆動スプロケットなどによって作動すると、
マルTショットポンプ③へ通気されます。
ポンプへ通気されるとポンプ③のピストンが作動し、吐出口から定量の
オイルが吐出されます。吐出されたオイルは、導管④を通り給油ノズルに達します。
そのオイルは、チェックバルブ⑤を通過しノズル⑥先端から給油ポイントに粒の状態で
正確に供給されます。スプロケットなどがエアーリミットスイッチ②を通過すると、
ポンプ③内のエアーが排気されます。
排気されるとポンプのピストンがスプリングによって押し戻され、
タンク⑦からの潤滑油がシリンダーの中に吸入されて次の給油に備えます。
エアーの供給を停止するるまで、上記の動きを連続的に繰り返して
次々にコンベヤーチェーンの給油ポイントへ定量の潤滑油を供給し続けます。

<b>●LR21型自動給油装置ポンプ仕様</b>
●LR21型自動給油装置ポンプ仕様

名称 マル”T”ショットポンプ
材質

吐出量
0.082
吐出口数
1~12
エアー:オイル圧力比
1:25
使用空気圧
Min:344.7kPa Max:689.4kPa
接続
オイル入り側 M12×1
接続
吐出口 M8×1
接続
エアー入り側 1/8 N.P.S.F.

<b>ポンプユニット</b>
ポンプユニット

心臓部に使用されているKLS「マル“T”ショットポンプ」は、
1箇所から12箇所までの給油ポイントに対応できるユニークな
ニューマッチックのシングルインパルスポンプです。
このポンプは非常に堅牢に作られており、
定量のオイルを正確に吐出できるうえに、
給油動作中にコンベヤーが停止しても
不必要なオイルを垂れ流すようなことはありません。
架台にオイルタンク、ポンプを組み込んで床置きタイプのポンプユニットに組み立てております。
タンク下のスペースにはペール缶が収納できるスペースを設けています。
ご希望により壁掛け型もご用意できます。


<b>吐出時期検出</b>
吐出時期検出



ポンプの吐出タイミングを検知するために使用する装置です。
ポンプを駆動させるエアーを直接リミットスイッチでオン/オフさせる方法と、
電磁弁を介して行う方法があります。
給油タイミングの検出方法としては、写真のように専用の装置を使用する以外に、
チェーンのローラーや、スプロケットから直接センシングすることも可能です。
写真の装置では、チェーン進行方向の給油位置の調節が可能です。


<b>給油ノズル</b>
給油ノズル



給油ノズルは、外形3.2mmの鋼管製で現場に合わせて切断及び曲げで、
オイルが正確に給油箇所を捉えるように調整します。
通常はポンプの1箇所の吐出口から1箇所の給油箇所に配管をしますが、
1箇所当りの給油量がより少ない方が好ましい場合には、
1口から吐出されたオイルをディバイダーで2分割して給油することが出来ます。
ディバイダーを使用した場合には1箇所あたりの吐出量が0.041ccになります。

<b>コントローラー</b>
コントローラー

手動で電源またはエアーのオン・オフを行うことで
運転/停止の操作が行えますが、
コントローラーを設置することで
状況に応じた自動運転が行えます。

●給油装置の使用実績
乾燥ラインのオーバーヘッドコンベアーチェーン

製紙工場

クリーンセンター




石灰乾燥工場







バケットエレベーター、トレーエレベーター、アームエレベーター、
エプロンコンベヤー、スラットコンベヤー、スクレーパーコンベヤー、
フライトコンベヤー、ピボッテッドコンベヤー等ほとんどの種類の
チェーンコンベヤーに適応し、給油人件費、潤滑油脂費、保全費、
動力費の削減に貢献します。また潤滑が改善されることにより、
ローラーの引きずりによるレールの磨耗を防止するとともに
サージング(進行方向へのシャクリ)を改善します。

●潤滑油について
 給油装置の改善による効果を100%引き出すためには使用する潤滑油は非常に
 重要な要素になります。潤滑油はコンベヤーの寿命、性能に大きく影響します。
 粘度、浸透性、耐荷重性、耐磨耗性、使用温度範囲、耐水性、防錆性、
 環境安全性など使用するコンベヤーチェーンに最適なものを選定し、
 廃油など不適切なオイルは絶対に使用しないで下さい。





.